ぱっと見テクニカルお試し

損切りの重要性

株式用語としてたびたび登場する損切りとは、損が出る事が分かっている上で株を売って、損失を確定させる事です。
なぜ損切りをしてまで損失を確定する必要性があるのかと言いますと、更なる損失を防ぐために実行するのです。例えば100円で購入した株が90円に下落してしまいました。

出来れば100円以上で売却したいところではありますが、元値どころか更なる下落となった時にこれ以上の損失を出す前に90円の時点で売却することにより損失を防ぐ事が出来るのです。
しかし、損切りの重要性としてはやはりタイミングでしょう。また、損失を確定させると言う事は非常に勇気のいる行為でもありますが、その勇気こそが損切りの重要性を担っているのです。
そして投資を行うに当たって投資のテクニックとしてのひとつでもありますので、損切りを駆使して色々な取引に打ち勝つ強さを身につけたいところです。
また、インターネットの取引ツールでは自動であらかじめ設定した相場になると損切りをしてくれるツールもありますので、そのようなツールを利用することで便利に取引出来ます。

時間がなく、取引の動向を確認することが出来なかったと言う事でもコンピューターで管理してくれますので安心です。

青汁お試しセット
Copyright 2011 ぱっと見テクニカルお試し, Inc.